新年明けましておめでとうございます。
この期に及んでですが、一応お約束なので

まずは新年なのでめでたい話題から
元旦にとうとう買っちゃった!

キャタリナ4500

P1020140


予想していたがやっぱりこのクラスになると
デカいし重い
これでも旧型に比べたら軽くなったみたいだが
慣れるまで時間かかりそう。
仕事から帰って毎日クルクル回してニヤけてます

そしてロッドはこれ
マンビカ110XXH ジグウェイトmax150g
注文していて今日取りに行って来ました。

P1020141


このロッドを選んだ理由は後で述べるとし当初100XXHか
110XXHかで迷ったが釣り具屋に問い合わせると
100の方はメーカーに在庫がなく次回生産予定は4月とのこと
それでは遅すぎるので110を選択
何人かのインプレを読んだがヘビーなわりにティップは
しなやかでトップの操作も問題なく出来る。
そしてけっこう曲がるがバットはパワーがあり
メジロをぶっこ抜いた人もいた。

キャタリナを装着してみた

P1020142


合わせると合計945g
筋トレせなあかんかも


さて、今年の所信表明と言うとおおげさだが豊富を二言三言
昨年末に今年の目標を決めた。
ブリにメーターシイラ

だが、ふと疑問に思った。
俺は本当にこの魚を獲ろうとしているのだろうか?
具体的にどうやって?

「運が良ければ」とか 「あわよくば」とかで獲れる
獲物ではない。
こんなんで俺は目標を達成できるのか?
仕事でも何でもそうだが目標を決めてもそれ未満で
達成出来ずに終わることはよくある話

昔、仕事で上司に言われたことがある。
「目標は常に高く設定しろ」

目標設定理論(何とかの法則だっけ?)
「難易度の高い目標を設定することでより高いパフォーマンスを
発揮出来るようになる」

釣りの目標 ブリ、メーターシイラ
これでも十分難易度は高いがこれらを獲る為にはさらなる大物
ショアブリはもちろんショアマグロをも視野に入れた
準備(ロッド)と決意が必要と結論

当初アピア風神ブラックラインを有力候補にしていたが
上記のとおりこれでは頼りない。

一からロッド選定を見直しているとマンビカに辿りついた。
マンビカとは沖縄方面の方言でシイラを意味するらしい。

私が一番気に入ったのはこのロッドのキャッチフレーズ


ガチでイケっ。

ショアからのヘビーファイトを制す。



なんともヘビーなフレーズである。
このロッドの一番ヘビーな126XXXH ジグウェイトmax200g
マグロを狙うにはこれしかないと思ったがさすがに
12fでmax200gのロッドは現実的にも体力的にも無謀である。
なのでXXHにしたが私の実力を知ってる人から言わせれば
XXH「おまえにそんなガチロッド使いこなせるのか?」
と言われそうだが
「使いこなせるか?」ではなく



使いこなすんです!


      2013年釣行指針

① サイズにこだわる。(BBオンリー)
  原則、小物(サゴシ、ツバス)は自ら進んで狙わない。
  結果的に釣れるのはしょうがないが
② ガチでイケっ!
③ ボーズ上等!

2013年はこの3本柱を念頭に釣行に励みます。




※ 但し、人一倍優柔不断なので目標下方修正
  おかずフィッシングに走ったとしても
  それはご愛嬌と言うことで

あぁ、釣り行きてぇ~