ちょうど1週間前、私にとって最強タックルを手に入れた。
キャタリナ&マンビカのコンビ

春まで待とうと思ったが
どうしても投げたくなってきた。

ホームで投げるのも味けなく少しでも青物の可能性がある
3カ所から選ぶことに日本海、中紀、徳島

日本海:冬用タイヤ規制があるので ×
中紀:どうも気が乗らない △
徳島:シビが熱いらしい 〇

地元の新聞にも取り上げられたが昨年末より漁師の間で
鳴門海峡周辺でクロマグロの目撃情報があり20~50kg
くらいのやつが100匹
以上の群れらしい。
この時期鳴門海峡にマグロが現れるのは非常に
珍しくおそらくベイト(サヨリ、イワシ)を
追って入ってきたらしい。

200_CXPPPGGG
(徳島新聞webより)

さすがに波止からマグロは無理としても
ベイトがいるってことは他の青物もいるんじゃない?
と言うことで徳島に決定

ただ、今回はあくまでもキャタリナ&マンビカコンビの
使用感を確かめるのが目的なので釣るのは二の次

じゃ、ホームで投げろよって?
いや~ちょっとは夢があった方がいいでしょ

昨年行った波止へ着くと釣り人、老人1名のみ
話を伺うとカゴでメバル、タナゴが釣れたらしい。
最近は真鯛がポツポツ釣れてるらしく青物どうですか?
と聞くと、「これだけ水温下がったら厳しいじゃろ」とのこと
確かに海を見るとベイトっ気なさそう


では、キャタリナ&マンビカコンビのインプレ
私は10f以上のルアーロッドは振ったことがなく
11fのマンビカはどうかと心配したが全く問題なく
数投ですぐに慣れた。
ただ、やっぱりジグキャスターと違いガチです!
そしてトッププラグ、60-80gジグと順番にキャスト

トップはローデッド140-42g
噂どおりティップはしなやかでアクションに問題ナシ
だが、マンビカには60g以上のプラグの方が
よりアクションし易くフィットするような感じがした。

ジグは60-80gをキャスト
フルキャストはせず7、8分の力で投げてみる。
ラインがPE4号(60lb)のわりによく飛ぶ
ラインの色から推測すると80mちょっとは飛んでる。
そしてキャタリナ4500のリーリング全くストレスフリー
いつもシーゲートライトのゴリ感のあるリーリングに
慣れているので気持ち悪いくらいスムーズ
値段だけのことはありますね。

本当は100gのジグも投げたかったが一か月ぶりの
キャストでバテてしまった
予定どおり3時間で初投げ終了

P1020143

沖には複数の漁船
マグロでも狙ってるのだろうか。

せっかく徳島まで来たのでここから新規ポイント開拓調査
事前に目ぼしい所を3か所ピックアップ

1番目は予想以上に水深が浅くボツ

2番目は某展望台へ降りていく手前に獣道があり
降りて行けそう、だが急斜面
所々にロープがある、おそらく釣り人が付けたのだろう
それつかまり降りると良さげだが

P1020144

右のワカメの養殖場と磯の間にロープがあり邪魔
ロープの先まで行けば問題ないが
あそこまで行くの怖え~なぁ

3番目はすぐ近くの灯台下
一番良さげだが、絶壁ここを降りるのは不可能
ひょっとすると反対の漁港側から行けば
辿り着けるかもしれない。
だが、この時点かなりアップダウンのある道のりで
しんどくなってきた
次回調査することに。



さて、これから釣りはたぶん春まで行かないだろう。
休日なにしよ?
ルアーでも作るか!?
中段に書いたが60gクラスのプラグ
対青物、シイラ用のポッパー、ダイペンが欲しい。
だが、この辺になると物にもよるが二つで最低でも
¥5000~6000はする。
自分で作れば半額くらいでできそうだが・ ・ ・
バランス難しそう
それにシイラ用ともなるとそれなりの強度がいる。
掛ったはいいがシイラジャンプした瞬間砕け散っては
シャレにならんし超恥ずかしい
そう考えると買った方が安いのかな

まぁ、時間あるのでいろいろ調べてじっくり
思案してみよ