D.I.Y=Do It Yourself
自分でやる。

ハンドメイドルアーは諦めたので昨年試みかけた
アシストフックを自作してみた。

プロが作った方が確か素人の自分が作った物など
絶対すっぽ抜けるし信用出来ねぇ~
と思っていた

しかし・・・

「自分を信じず誰を信じる」

天の声が聞こえた。

詳細に調べてみると自作した方がフックの大きさ、長さ
強度など自由自在
市販のより良質な物を作るのは意外と簡単らしい。

さっそく釣り具屋で部品を購入

・ アシストライン
・ ニードル
・ ソリッドリング
・ フック
・ 熱収縮チューブ
・ 瞬間接着剤
・ 使い古しのPE

合計¥2000くらい

作り方は検索するといっぱい出てくるので省略

はい、出来ました


P1020146

















我ながらうまく出来たかも

段差フックは少し長過ぎたか!?
ロングジグには使えるかもしれない。

ちなみにフックはデコイ パイクAS-03 2/0
アシストラインは240lb 太すぎたかも

強度も力いっぱい引っ張ってもびくともしない。
単価は1個/¥200弱くらい市販の半分以下
これでアシストフックを買うことはないだろう。

ついでに今日はD.I.Y DAYなのでルアー補修

P1020145

















ピンテールとオーバーゼアーのリップが昨年折れてしまった。
二つとも高価なルアーなので再生することに
折れたのは二度目、前回はいらないルアーのリップを折って
接着剤で付けたが、今回は強度を増す為

アクリル板と専用カッターを買いリップを作った。
と言っても実に簡単

アクリル板にマジックでリップを描き(ちょっと大きめに)
専用カッターで板の厚みの1/3くらいの切り込みを入れ
ペンチでパキッパキッと折る。

そしてヤスリでそれらしい形に整える。

ルアーに小型ドリルで奥の方まで穴を開けリップが
うまくフィットするよう少しづつ形を整える。
そして強力接着剤を奥まで付けウレタンをして完成!

P1020147


















(まだウレタンはしてません)

重さ違いの同じルアーがあるのでリップの角度は
これを参考にした。
ピンテールの方が若干角度が浅いみたい(40°くらい)

私はおそらくジグよりミノーの方が
よく釣ってるような気がする。

今年もこいつが活躍してくれることだろう。

さて、今年の開幕戦はいつになるのか
あと一カ月くらい先か!?

今春は日本海マスターを目指す為
例年行ってた中紀には行かないだろう。

なぜ?
いろいろ理由はあるが・・・
日本海育ち(新潟県)
海が綺麗
競争率が低い
道中、車が少ないので運転が楽
・ ・ ・
要するに日本海が好きだからです。

と言いながら移り気なんで
人の釣果見たら中紀に行くかもしれません